BSセラピー®(あくびセラピー®):

Brainstem(=脳幹)活性セラピー

健康増進・潜在能力を引き出したい方に。簡単な動作に無限の可能性!

BSセラピー®、あくびセラピー®
BSセラピー®、あくびセラピー®
BSセラピーとは(about the BS Therapy)
BSセラピーとは(about the BS Therapy)

脳の中心にある脳幹は、生命維持に重要な機能の中枢部があるほか、感覚神経・運動神経の通路とされている極めて重要な部分です(※1)。最近では脳幹(特に松果体)と、いわゆる超能力との関連性などについても様々な機関で研究が進められており、脳幹は正に人間の無限の可能性が秘められた部位と言えます。日本においては、駒川耕司先生という方が、のべ25万人以上の臨床経験を重ねた結果、「脳幹の活性化なくしては自然治癒力を高めることはできない」と確信し、2008年に「Brainstem(脳幹)セラピー(ライオンあくび健康法)」を開発されました(※2)。脳幹刺激が無限の可能性を秘めていることについては、国内外で広く認知されつつあるものの、脳の中心部分に位置する脳幹に如何にして効果的に働きかけるかについてはどこにおいても課題とされており、その方法の発見は、正に長年の臨床経験の賜物と言えるのです。

BSセラピーとは(about the BS Therapy)
駒川耕司著・ライオンあくび健康法(BSセラピー)の各種書籍やDVD

BSセラピーは、側臥位で口を開けたり、頭を持ち上げる簡単な動作を行うことにより松果体から脊髄神経エネルギーの流れを回復させる画期的な健康法&治療法です(※3)。具体的には、お客さまに横になっていただき、施術者の誘導に従って頭を持ち上げたり口を開け閉めしていただきます。

 

BSセラピーは施術者からセラピーを受けるのみならず、自分で自己メンテナンスとして行う方法もあります。これは口を大きく開けるその様子から「ライオンあくび®」(その他、「あくびセラピー®」「あくび脳幹体操®」)とも呼ばれています。BSセラピーは、こうしたシンプルな運動によって脳幹を活性化させ、結果として人体が本来有している「自然治癒力」が高まるという画期的な方法なのです。

BSセラピー、ライオンあくび
「安心」2018年1月号P164転載

 

 BSセラピーの効果は身体的なものにとどまりません。脳幹の活性化は、主に子供の能力開発で有名な七田チャイルドアカデミーの専門家を含む多くの専門家らも注目しており(※4)、今後の研究の進展によっては人類の未来をも変える可能性すら秘めていると言えるのです。 

 

【BSセラピー・ライオンあくび健康法について更に詳しく知りたい方】

 BSセラピーホームページ 

 http://bs-therapy.com/

参照・抜粋】

※1 デジタル大辞泉

※2 新装改訂版 奇跡のライオンあくび健康法(駒川耕司著)2014年

※3 BSセラピーホームページ

   http://bs-therapy.com/ 

※4 前掲(※2) 

About the Brainstem Therapy

Brainstem is the area at the base of the brain that lies between the deep structures of the cerebral hemispheres and the cervical spinal cord. The brainstem houses many of the control centres for vital body functions, such as swallowing, breathing, and vasomotor control(※1). While the brainsten involved in some kind of psychic or undiscovered abilities, and there are quite a lot of people studying on this field.

Therefore, it must be said that the brainstem has a seemingly limitless potential. In Japan, one chiropractor Kouji Komagawa, the inventor of the BS Therapy, came to conclude that "Activating the brainstem is essential to activate the natural healing capacity of our bodies" based on his clinical experiences from totally 250 thousand cases, then he invented a method of the brainstem activation by simple movements in 2008(※2). The BS Therapy is also known as the "yawning lion method" because of its movements. In this method, you lie down on a bed and open and close your mouth like a yawning lion repeatedly as following the instructions of a practitioner. The aim of this movements is to put a load on the joint region of the musculus pterygoideus lateralis and the sphenoid bone to stimulate the brainstem. By means of this method, the brainstem begins to be activated and innate natural healing capacity also to be activated and enhanced(※2). According to the reports of his clients, there is extensive evidence demonstrating that BS Therapy can be an efficacious and effective method for a varied set of commonly experienced mental health and health conditions including atopy skin rash, sciatica, poor circulation, depression and so many other disorders of unknown causes(※2).

It is noteworthy that one expert of "Shichida Child Academy", a private educational agency dedicating to explore potentiality of kids, made a comment on Komagawa's book admitting the importance of activating of the brainstem, saying brainstem-stimulating has resulted in great improvement for a number of cases of autism and mental disorder(※2).

Once again, the brainstem has a seemingly limitless potential.   

References cited】

1 Encyclopædia Britannica 'Brainstem'

※2 Kouji Komagawa, Miracles of The Yawning Lion Method for the brainstem activation.  

   cosmo21, 2014.

【Learn moreBSTherapy Association website (Japanese)  http://bs-therapy.com/